スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15球団熱視線!足立学園・吉本に日本ハムスカウト「ダルほうふつさせる」

 第93回全国高校野球選手権東東京大会で「下町のダルビッシュ」こと足立学園の吉本祥二投手(3年)が今夏初登板。6回1失点で最速148キロをマークするなど日米15球団のスカウトの前で能力の高さをアピールした。

 調子が悪くても、1メートル87の長身から投げ下ろす直球には迫力があった。日米15球団、総勢41人のスカウト陣が視察した吉本の今夏初登板は、6回1失点で6奪三振。神宮球場は節電のためスピード表示はなかったが、ネット裏の日本ハムなどのスピードガンでは自己最速まであと1キロと迫る148キロが計測された。

 「148キロも出ているとは思わなかった。調子は相当悪かったけど、最少失点で抑えられて良かった」

 しなやかな腕の振りから放たれる直球、日本ハム・ダルビッシュを参考にしたそっくりな投球フォームから「下町のダルビッシュ」と称される。スリムな体形、甘いマスクも似ている。足のサイズ29センチと土台もしっかりしている右腕は「そう呼ばれるのはうれしい。一番参考にしているのは体重移動。テレビ中継とかを見て勉強しています」と頬を緩めた。

 自らも初回に3点目となる中前適時打を放つなど序盤からの大量リードを背に、スピードより制球を意識したクレバーな投球。日本ハム・今成泰章スカウトは「途中から力みが抜けてス~ッと投げるところなんか、ダルの高校時代をほうふつさせる」と評した。まだ下半身がうまく使えず腕力に頼ってフォームがばらついたり、体の開きが早く直球がシュート回転するなど、課題も山積みだが、「粗削りで未完成な分、伸びしろが大きい」というのがスカウトの一致した意見だ。

 プロ志望だが、その前に目指すのが足立学園初の甲子園出場。連戦を見据えて冷たい飲料水は控え、パイナップルなどの果物を毎日摂取して体調管理に努める。「今夏のうちに150キロ出したい。調子が良ければ出ると思う」。下町から全国区へ。スケール感は本家に負けないくらい大きい。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 北海道日本ハムドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。