FC2ブログ

英明快勝発進!松本豪快アーチ&10K

 香川大会が開幕し、第1試合に昨夏代表校の英明が登場した。身長193センチ、プロ注目の大型左腕・松本竜也投手(3年)が先発で6回2失点の10奪三振、打っても八回に右越え本塁打を放つ活躍で三本松に快勝した。

 “未完の大器”が開幕試合の86球で進化を証明した。開会式直後の緊張感が漂う中、最速143キロを記録するなど、立ち上がりから140キロ前後の快速球を連発。被安打5に野手の失策も絡んで2点は失ったが、6回で10奪三振と松本が存分に力を見せつけた。

 「多少の緊張はありましたけど、先頭の三振で落ち着くことができました。開幕戦でこういう結果が出せてよかったです」。長身から繰り出す威力のある直球と冬の間に習得したツーシームなども駆使して、三振の山を築いた。

 ドラフト候補の登板に日米11球団計21人のスカウトがネット裏に集結。下級生時代からマークを続ける阪神・山本スカウトは「暑い中で143キロが出るし、コントロールも安定してきた。体は大きいけど器用。まだまだ伸びしろを感じせさせる点が魅力」と絶賛した。

 七回から2年生右腕の宮井にマウンドを譲ると、八回には打撃で見せた。内角直球を振り抜くと高校通算10号となるソロが右翼席に飛び込んだ。同じくプロ注目のスラッガー、4番・中内は3四球と勝負を避けられたが、6番を打つ松本がダメ押しの1点を叩き出した。

 順当に勝ち進めば3回戦で第1シードの香川西と対戦する可能性が高い。難敵が控えるが「本来の投球ができれば、もう一度甲子園に行けると思います」と松本の表情には自信がみなぎる。日々進化する大型左腕が今夏は自力で甲子園切符をつかみ取る。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示