FC2ブログ

「下町のダル」足立学園・吉本が力投/東東京

 第93回全国高校野球選手権大会(11日)東・西東京大会では25試合が行われた。東東京大会の2回戦では、足立学園が都桜町に9-1で7回コールド勝ちし、初戦突破。日米15球団のスカウトが顔をそろえる前で、長身右腕の吉本祥二投手(3年)が6回1失点ながら、5安打6奪三振1失点と好投。一躍、今秋のドラフト候補に浮上しそうだ。

 1メートル86の長身、本格派右腕。誰が名付けたか「下町のダルビッシュ」。吉本は6回を88球、6奪三振でチームを勝利に導いた。

 「調子は悪かったけど、悪いなりに最少失点に抑えることができました。それが収穫でした」 一回先頭に中前打を許すなど立ち上がりは制球が乱れたが、左肩の開きが早いことに気がつき「上体を縮めて投げた」と修正した。

 最速148キロ。順調に勝ち上がれば、5回戦で激突する帝京ナインもスタンドから偵察。それでも、あえて直球主体で押し「変化球を見せなかった」と余裕の表情だ。

 ネット裏にはメッツ、ジャイアンツ、ドジャースのメジャー3球団を含む日米15球団41人のスカウトが集結。日本ハムの今成泰章スカウトは「東日本で一番いい投手。(高校)当時のダルビッシュを思い起こさせる部分がある」と絶賛。巨人の織田淳哉スカウトも「いい投手で将来が楽しみ」と目を細めた。

 見た目だけではなく、投球もダルビッシュが手本だ。登板時はテレビの前で下半身の体重移動を観察。観戦できなければ身内にスコアをつけてもらい、投球の組み立ても勉強しているという。

 「以前より速球にキレが増し制球もよくなった」と吉本。プロ注目の右腕が、悲願の初甲子園へのカギを握る。
(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 巨人ドラフト情報 北海道日本ハムドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示