スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海大甲府・高橋は「中日森野より上」

 超高校級の打撃で“森野2世”の異名を取るのが、東海大甲府(山梨)の高橋周平内野手(3年)だ。高橋はヤクルトや阪神など複数球団がドラフト1位候補に挙げる高校生NO・1野手。最後の夏を前に高校通算本塁打を70本の大台に乗せた。今日9日、25以上の都府県で地方大会が幕を開け、球児たちの夏がいよいよ本格化する。

 目を閉じても高橋だと分かる。強いパワーと正確なミート。フリー打撃で1人だけ音が違うのだ。「苦手なコースも球種もないんです」。東海大甲府グラウンドには右翼ネット後方30メートル地点に“高橋ネット”が設置されている。村中秀人監督(52)が「130メートル以上飛ばないと越えない」という特設ネットすらも越え、タクシーに2度打球をぶつけたという左の大砲だ。

 予想を上回るスピードで成長してきた。2年秋までで45本塁打。在学中の目標は60本に決めた。ところが2日、1試合2発を放った横浜との練習試合で70号に到達した。「自分は打率重視の中距離ヒッター。1発は狙いません」。打球はほとんどライナー。ヒッティングゾーンも広い。69本目は首ほどの高さの内角直球を軽々と100メートル先まで運んだ。高橋にとって本塁打は“飛びすぎた二塁打”にすぎないのだ。

 日米14球団が熱視線を送り、その複数がドラフト1位候補に挙げる。東海大相模時代に中日森野を育てた村中監督は「守備も足もスイングスピードも、周平が上」と太鼓判だ。そんな高橋は今春から森野と同じ3番を任された。3月には、オープン戦で山梨を訪れた森野のティー打撃を見る機会があった。熱心に見入り、無言のエールを受け取った。

 主将の責任感もある。センバツでは兄弟校の東海大相模が優勝。村中監督に「次は甲府の番だ」と言われ「ハイ」とうなずいた。1年夏、2年夏ともに、負けた試合で最後の打者になった。マークは厳しくなるが「3年連続はないと思う。問題ないです」。ただ、最後まで勝ち続ければいい。初の甲子園へ。表情には自信がみなぎっていた。

 ◆高橋周平(たかはし・しゅうへい)1994年(平6)1月18日、神奈川・藤沢市生まれ。小1で投手として野球を始める。善行中2年時に、湘南クラブボーイズの4番三塁で全国制覇。東海大甲府では1年春に5番、同夏から4番。今春から3番で県大会優勝、関東大会8強。家族は両親と兄、姉。180センチ、83キロ。右投げ左打ち。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。