スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の4番、慶大・伊藤が復調マルチ

 第38回日米大学野球選手権(7月3~8日・米ダーラムほか)の大学日本代表が28日、東芝との練習試合で6―4と快勝した。今秋ドラフト1位候補の慶大・伊藤隼太外野手(4年)が4番で2安打2打点、大会前に国内で最後の実戦で復調への手応えをつかんだ。
 主砲のバットから久しぶりの快音が響いた。5回1死三塁。内角直球を振り抜き、右中間三塁打で5点目をたたき出した。「結果が出たことで、気持ち的に楽になりました」。前日は好機で3三振とブレーキ。この日の試合前、首脳陣から打撃指導を受けていた。

 「右肩が中に入りすぎていた」と構えを修正し、7回1死二塁でも中前適時打。続く打者の二塁打で三塁に進んだ際、腰をひねって代走を送られた。大学日本代表・金光興二監督(55)は「トレーナーによれば2、3日あれば問題ない」と心配した様子はなかった。

 法大グラウンドには、日米12球団のスカウトが集結。1位の有力候補に挙げる阪神・菊地東日本統括スカウトは「これをいいきっかけにしてもらいたいね」と目尻を下げた。「本大会でも役割を全うしたい」と伊藤の目に輝きが戻った。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。