FC2ブログ

仙さん、大学No・1バッテリー獲る!

 楽天が、今秋のドラフト会議で東洋大・藤岡貴裕投手(21)と同志社大・小林誠司捕手(22)の獲得を目指していることが22日、明らかになった。星野仙一監督(64)の2年目は、競合覚悟の『大学ナンバー1バッテリー』を獲得しチームの強化を図るのが狙いだ。

 星野楽天のドラフト戦略が判明。照準を定めたのは最速153キロ左腕の藤岡、そして強肩とリード面でも評価の高い小林だ。

 藤岡は今月開催された大学選手権で東洋大の連覇に貢献し、2年連続MVP。すでにロッテが1位指名を表明するなど競合必至だが、「1位は競合をするような選手でいく」という星野監督の方針で、獲得リストにトップで名を連ねた。

 闘将は藤岡を「左の田中(将大)や。真っすぐで空振りがとれる数少ない投手」と絶賛。明大・野村も含め最終的には秋までに絞り込むが、先発左腕が少ないチーム状況も考慮し、藤岡を指名する可能性が高い。

 2位で指名する小林も、広陵高時代は2007年夏の甲子園で野村(明大)とバッテリーを組み準優勝。遠投115メートルの強肩で、本塁から二塁への送球も1・8秒とプロに混じってもトップクラスの速さ。キャッチングやリード面も含め、大学ナンバー1捕手という評価を受けている。

 今季は選手会長の嶋が主にマスクを被っているが、首脳陣の信頼を獲得するまでには至っていない。小林なら、嶋と十分にポジション争いができるとの判断だ。

 星野楽天の補強は、大学球界トップのバッテリー獲りから始まる。

(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 東北楽天ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示