FC2ブログ

帝京の148キロ腕・伊藤「米国打線打ち取る」

 19日に東京都府中市の内海・島岡ボールパークで行われる日米親善高校野球東京大会に出場する東京都選抜は15日、都内のグラウンドでメンバー25人が集まり米国選抜戦に向けて初練習を行った。今秋ドラフト候補の帝京・伊藤拓郎投手(3年)は、高校では初となる国際試合に向けて真っ向勝負を宣言した。

 将来の大リーグ入りを目指すMAX148キロ右腕の伊藤が、米国選抜戦へ堂々の決意表明だ。「直球がどれくらい通用するか楽しみ。いろいろ試して米国打線を打ち取りたい」。この日は、日大三・吉永、足立学園・吉本と今秋のドラフト候補トリオが並んでブルペン入り。その中でも今センバツ4強の吉永からはスライダーの握りを聞かれるなど、存在感は際立っていた。東京都選抜の監督を務める日大三の小倉全由監督は「どこで誰をどう使うのか悩むところ」と話すほどの豪華投手陣だが、伊藤は「どこで使われてもいけるように準備しておきます」と意気込んでいた。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示