スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤岡は連覇「きつかった」/大学選手権

 東洋大(東都)が慶大(東京6大学)に延長10回、サヨナラ勝ちして2年連続4度目の頂点に立った。2連覇は97、98年の近大以来、史上5校目(7度目)。3連投の藤岡貴裕投手(4年=桐生一)が、左足をつりながらも164球で完投し、最高殊勲選手賞(MVP)と最優秀投手賞をダブル受賞した。2年連続MVPは史上初。10回無死一塁から、1番小田裕也外野手(4年=九州学院)がサヨナラ2ランを放った。慶大は、24年ぶりの優勝にあと1歩届かなかった。

 10回、すでに140球以上を投げた藤岡の左足は限界に達していた。つったふくらはぎを押さえ、屈伸を繰り返して迎えた2死。「すごくつらかったけど、感覚が変わるのは嫌でした」。治療を断り、顔をしかめながら、140キロの直球で慶大・宮本真を見逃し三振に取った。気力だった。

 その裏。「この回でどうにかしよう!」。円陣で高橋昭雄監督(63)が放った言葉に小田が応えた。足のマッサージ中だった藤岡は歓喜の輪に間に合わなかったが「最上級生として連覇できて、本当に、うれしいです」。マイクに向かうと顔を赤らめ、声を詰まらせて喜びを表現した。

 大会4試合で471球。リーグ戦から、15試合すべてに登板して1425球を投げた。中1日で東海大を完封した昨年の決勝とは違い「3連投は本当にきつかった」。そんな中でも12奪三振。4試合通算では48Kで、大会記録にあと1。史上初の2年連続MVPにふさわしい活躍だった。

 小学生のころ、3番を任された群馬県大会初戦で、最終回に敬遠されて負け、「勝負してほしかった」と泣いて悔しがった。打者の気持ちも痛いくらい分かる。注目された慶大・伊藤とのドラフト1位候補対決では、正面からぶつかって無安打に抑え込んだ。

 出場できなかった東海大・菅野、明大・野村の分まで、しっかり大会を盛り上げた。「これで世代NO・1?」との問いに「いえいえ、そんな。みんなで切磋琢磨(せっさたくま)していきたいです」。最後は笑顔で、いつもの謙虚なエースに戻っていた。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。