FC2ブログ

阪神ドラフト戦略 敗戦・伊藤今後も注目

 今秋ドラフト1位候補、東洋大・藤岡と慶大・伊藤の対決に注目が集まった決勝戦。阪神は、他球団スカウトの姿が少なくなった前日の準決勝まで佐野編成部次長ら4人体制で視察を続けた。アマNo.1左腕か、次世代の4番を担う好打者か。戦力補強の優先度で球団の選択は分かれる。選手権には出場できなかったが、157キロ右腕の東海大・菅野智之投手(4年)や明大・野村祐輔投手(4年)も高評価。高校生では大型内野手の東海大甲府・高橋周平(3年)も有力だ。

 この日、西武戦に帯同した阪神・沼沢球団本部長は「慶大が負けたみたいだね」と試合を気にかけた。今後も伊藤に注目するかと問われると「当たり前です」と言い残した。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示