スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ注目東洋大・藤岡男泣き 2年連続MVP&日本一

 東洋大がサヨナラで慶大を下し、2年連続4度目の日本一に輝いた。1―1の延長10回無死一塁で小田裕也外野手(4年)が右翼へサヨナラ2ラン。1失点完投した今秋ドラフトの目玉左腕、藤岡貴裕投手(4年)は全4試合に登板して3勝を挙げ、大会初の2年連続最高殊勲選手賞を獲得した。連覇は史上5校目(7度目)。慶大はプロ注目の伊藤隼太外野手(4年)が無安打に封じられ24年ぶりの優勝を逃した。

 優勝が決まった瞬間、藤岡はベンチ裏で左足の治療を受けていた。耳に届く大歓声。小田の劇的なサヨナラ弾を見逃した左腕は「マジ!?本当に入ったんだ…」。はだしのままベンチに戻ると、本塁上で歓喜の輪をつくるチームメートの姿が目に飛び込んできた。

 「輪には入れなかったし、凄くきつかったけど、勝てて良かったです。今年は最上級生で引っ張る立場。2年連続で優勝できて凄くうれしい」

 連覇の喜びと安堵(あんど)感。3日連投ながら延長10回、今春最多となる164球を投げ抜き、完投したエースは男泣きした。疲労から腕の振りが鈍く、制球もいまひとつ。最速153キロを誇る直球は終盤、130キロ台まで落ちた。それでも気力を振り絞る。10回は左ふくらはぎがけいれん。2死から四球を許すと、自らタイムをかけた。しかしマウンドに来た高橋昭雄監督に治療を勧められても「感覚が変わるのが嫌だった。そのままいきました」。そして3番・宮本真を外角直球で見逃し三振。12個目の三振を奪うと、足の痛みにも構わずあえて走ってベンチに戻った。そんなエースの姿に打線が奮起。直後に劇的なサヨナラ劇が待っていた。

 今春はリーグ戦11試合、今大会4試合とチームの公式戦全15試合に登板。計1425球を投げた。連投を見据えて春のキャンプからスタミナ強化に着手。3日連続150球以上の投げ込みを1セットとして何度も繰り返した。加えて「いい投手は股関節が軟らかい」と故障防止のため日本ハム・ダルビッシュらの動きを研究。仮に延長11回に突入していても「投げるつもりでした」。まさに鉄腕。不断の努力が最後の最後に支えとなった。

 05年に創価大・八木(日本ハム)が記録した大会最多の49奪三振には1個及ばなかったものの、昨年に続いて文句なしの最高殊勲選手、最優秀投手。しかし、これで満足する左腕ではない。明治神宮大会での、春秋完全制覇の野望。「ここまできたら狙いたい。秋は完封できる投球をしたい」。貪欲な向上心を見せる藤岡の進撃は、まだまだ終わらない。

 ◆藤岡 貴裕(ふじおか・たかひろ)1989年(平元)7月17日、群馬県生まれの21歳。桐生一では3年春のセンバツ出場も、初戦で都城泉ケ丘(宮崎)に0―2で敗れた。東洋大では3年春に3試合連続完封を含む6勝をマーク。同年秋にも6勝を挙げた。昨夏の世界大学野球選手権ではキューバ戦に先発するなど、主力として活躍。東都大学野球リーグ通算は41試合で21勝8敗、防御率1・40。1メートル83、85キロ。左投げ左打ち。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。