スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤岡152キロ7回13K/大学選手権

 東洋大(東都)藤岡貴裕投手(4年=桐生一)が、毎回の13奪三振で道都大(札幌学生)を7回2安打無失点に抑えた。奪三振数は2回戦の19と合わせて計32となり、1大会の最多奪三振記録49を射程圏内にとらえた。8回、4番戸田大貴内野手(3年=前橋工)が満塁弾を放つなど8回コールド勝ちで2年連続の4強入りとなった。九州共立大(福岡6大学)も、富士大(北東北)を7-5で下し準決勝進出。連投の大瀬良(おおせら)大地投手(2年=長崎日大)が抑えで登板し勝利を呼び込んだ。

 8日の福岡大戦で、大会タイ記録の19Kを奪った藤岡がまた魅せた。2回に四球を出した後の3者連続など、毎回の13K。対戦した10人全員を三振に切った。8回コールド試合で、今季初完封目前の7回で降板したが「少しでも短いイニングで、ということ。それで良かったと思う」と欲はない。

 2試合で奪った三振は32個に上る。連覇まで2試合を残し、創価大・八木(現日本ハム)が持つ1大会通算最多奪三振49にあと17と迫った。前回の直球とスライダーに加え、フォークとカーブでも1つずつ空振り三振。「準決勝と決勝を想定して、最近投げてなかった球も試したかった」と内容も充実していた。直球は、自己最速に1キロと迫る152キロをマークした。

 春のリーグ戦後半からは疲労がたまり、左腕の振りが鈍くなっていた。1日約30分シャドーピッチングでフォームを確認し、持ち前のキレも徐々に復活。ネット裏には、この日も日米13球団のスカウトが訪れた。

 ロッテは、今秋ドラフト会議での1位指名を正式に表明。「すごくうれしい。恥じないような投球を」と喜んだ。「ビッグ3」の東海大・菅野には巨人が、明大・野村には広島がすでに手を挙げており、うらやましいと思う気持ちもあったが、これでまた横一線だ。ここからは連戦。高橋昭雄監督(63)は「明日は内山」の先発を予告したが、必要とあらば、いつでも登板する準備はできている。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。