FC2ブログ

藤岡 19の次は13K!東洋大コールド4強

 全日本大学野球選手権大会は10日、神宮球場で準々決勝2試合が行われ、4強が出そろった。2連覇を狙う東洋大は、10日にロッテが今秋ドラフトでの1位指名を正式表明した藤岡貴裕投手(4年)が、道都大戦に先発。7回を2安打無失点、先発全員から13奪三振の快投で、10―0の8回コールドゲームで下した。同投手は初戦の福岡大戦での19三振と合わせて、今大会計32三振で、大会最多記録の49奪三振を射程圏に入れた。11日の準決勝は九州共立大―東洋大、東京国際大―慶大の顔合わせとなる。 【試合結果】

 これがドラフト1位の実力だ。大会タイ記録の19奪三振を奪った8日の福岡大戦に続き、藤岡がまたも13奪三振を奪う快投。これで今大会通算32奪三振として、05年に創価大・八木(日本ハム)が記録した大会最多記録の49奪三振の更新も視野に入り「記録は意識してないけど、結果的に獲れればいい」と白い歯をのぞかせた。

 この日は自己最速にあと1キロと迫る152キロを初回に記録するなど、序盤から快調に飛ばした。さらにここまで封印していたフォークも準決勝以降を見据えて3球ながら試投。今季先発した試合では初めて無失点に抑え「きょうはコントロール重視。右打者の内角にしっかり投げられたのが良かった」と納得の表情を見せた。

 リーグ戦終盤の不調からも完全に抜け出した。今春は全試合に登板してきたことで疲労が蓄積し、終盤は体重移動がスムーズにできずにボールに力が伝わらなくなっていた。そこでリーグ戦終了から約2週間の期間で、しっかりと前に重心移動できるように「しっかり腕を振り切る」フォームに修正。本来の躍動感あふれる投球フォームと球の切れが戻ってきた。

 この日、ロッテが今秋ドラフトでの1位指名を正式に表明。「1位指名はうれしいこと。公言してもらった以上は、それに恥じないような投球をしていきたい」とドラフト1位腕としての自覚を口にした。

 11日の準決勝の相手は、2年前の初戦(2回戦)で6―3で勝っている九州共立大。当時2年生だった藤岡も4番手で打者1人を三振に仕留めた。決勝戦に備えて11日の先発は内山に譲るが、「監督から行けと言われれば、準備したい」と連覇へ向けてブルペン待機する。その視線の先にあるのは頂点だけだ。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示