スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤岡、2試合連続2桁奪三振…連覇へ前進

 準々決勝の残り2試合が行われ、連覇を狙う東洋大(東都)と九州共立大(福岡六大学)が4強入りを決めた。東洋大はプロ注目の藤岡貴裕投手(4年・桐生一)が7回2安打無失点と好投。2試合連続の2桁奪三振となる毎回の13三振を奪った。11日は神宮で午後1時から九州共立大‐東洋大、東京国際大‐慶大の準決勝2試合が行われる。

 藤岡が慣れ親しんだマウンドで躍動した。東京ドームの初戦で大会タイ記録の19奪三振。この日は“ホーム”の神宮に舞い戻り、再び快投を披露した。二度の3者連続を含む毎回の13奪三振。「やっぱり神宮はいいですね」と2戦連続の“Kラッシュ”に顔をほころばせた。

 初戦は147キロ止まりも、この日は自己最速にあと1キロと迫る152キロをマーク。スライダーの切れも抜群で、相手打線を寄せ付けなかった。六回1死からは珍しくフォークで空振り三振を奪い「最近投げてなかったので。点差もあったし、今後使えるように」と意図を明かした。

 2戦合計で32奪三振。創価大・八木智哉(現日本ハム)が持つ大会記録の49奪三振も視界に入ってきたが「数字は意識せずにやっていきたい」と勝利だけを追い求める。

 ネット裏では日米13球団が熱視線を送った。阪神の菊地東日本統括スカウトは「ストレートに力があり、制球もいい。文句なしのピッチング」と評価。また、ロッテはこの日のスカウト会議で1位指名を正式に表明。それに対し藤岡は「うれしいです。公言してもらった以上は恥じない投球をしたい」と話した。

 連覇へ向けて一歩前進。高橋監督は「準決勝は休ませたい」と決勝を見据えて温存の意向だが、絶対エースは「いけと言われたら、いけるように準備します」と力強く言い切った。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。