スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同大2安打沈黙で初戦敗退、関西勢全て散る

 手も足も出なかった。シードで登場した同大が大瀬良の前に2安打と沈黙。リーグ戦でも打率2割2分8厘と決定力不足に泣いた打線が機能せず、小玉孝監督(65)は「一切言うことがない」とお手上げ。選手権出場6度目で初めて初戦で姿を消した。
 走者を出した1、2回に併殺でチャンスをつぶすと、下級生の多いベンチから声が消えた。7回まで無失点と力投していたエースの平川貴大が「もっと向かっていかな!」と張り上げるのがやっと。その右腕は2段モーションの注意をイニングごとに受け、体が開き、制球が甘くなったところを痛打された。リーグMVP男もリズムに乗りきれなかった。

 昨年は3回戦で7回参考ながら東海大・菅野に無安打で終戦。今秋ドラフト候補の小林誠司捕手も3タコに終わり「全国のいい投手を打つためにどうすればいいか考えたい」と出直しを宣言。関西勢が8強に1校も残らなかったのは7年ぶり。西の雄として秋は意地を見せたい。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。