スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エース・伊藤、166球完投で東京国際大4強! 古葉監督vs江藤監督が実現

 元広島監督の古葉竹識監督(75)率いる東京国際大(東京新大学)が、ベスト4進出を決めた。3連投となった今秋のドラフト候補右腕・伊藤和雄(4年)が、8安打7四球ながら166球の粘投で日体大(首都大学)を完封。初出場での4強入りは93年の青学大以来となった。準決勝では、元巨人の江藤省三監督(69)率いる慶大(東京六大学)と対戦。大会史上初となる元プロの指揮官対決が実現する。
 力の限り腕を振った。9回2死満塁。リードはわずかに1点。一打逆転のピンチで、伊藤はオール直球勝負を選択した。1ボール2ストライクからの4球目。140キロに日体大の4番・高橋巧のバットが空を切る。初出場で4強入りだ。「自分の武器はストレート。苦しかったけど、真っすぐで押し切ろうと思った」。166球を投げ抜いた右腕は、2度大きく跳びはねて感情を爆発させた。

 7日の龍谷大戦は10回162球の完投。8日の東京情報大戦も同点の9回1死から登板し、2戦連続でタイブレークを抑えた。人生初の3連投。体は限界だった。直球が走らず、制球も乱れた。8安打7四球。6回までは毎回得点圏に走者を背負った。それでも、「ピンチのときこそ頑張ろうと思った」と166球を粘り強く投げ、虎の子の1点を守り抜いた。

 古葉監督の秘蔵っ子だ。就任1年目に入部して以来、強気の姿勢を徹底的に叩き込まれてきた。2回に招いた1死満塁のピンチでは「気持ちを込めて、自分のボールを思い切り投げろ」とゲキを飛ばされ、気迫で後続を断った。指揮官の教えを大一番で実践した。

 早くも今大会3勝。獅子奮迅の活躍にプロの視線も熱くなる。184センチの長身から投げ下ろす最速150キロの直球に、指揮官の古巣である広島の苑田スカウト部長は「球持ちがすごくいいので、打者は球速表示以上に感じるはず。ドラフト上位候補に入ってきてもおかしくない」とうなった。

 準決勝の慶大戦(11日)は、大会史上初となる元プロ同士の監督決戦。古葉監督にとって50年来の仲で、リーグ戦中も励まし合った江藤監督との対戦だ。「そうなればうれしいと思ってここまで来た」。初出場で4強入りの快進撃も、まだ序章にしかすぎない。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。