スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤3連投!東京国際大4強/大学選手権

 元広島の古葉竹識監督(75)率いる東京国際大(東京新大学)が日体大(首都大学)を破り、ベスト4に進出した。3連投の伊藤和雄投手(4年=坂戸西)が被安打8、7四球で再三のピンチを招きながら166球を投げて完封。1番に抜てきされた今井雄大外野手(3年=鎮西)が生還した初回の1点を守った。初出場の4強は第42回大会(93年)の青学大以来。愛知学院大(愛知)を4-1で下した慶大(東京6大学)の江藤省三監督(69)と、11日に元プロ同士で激突する。

 三塁側ベンチの古葉監督が突然、グラウンドに飛びだした。3回、三ゴロ併殺で無死満塁を2死二、三塁とした直後。次打者のカウント2ボール2ストライクだった。二塁を指さし、声を張り上げた。「走者がサインを盗んでいるんじゃないか」。鈴木隆球審が「厳しく見ていきます」と答えて、すぐ再開されたが、この絶妙な間が伊藤を助けた。

 次打者を1球で三振に仕留めピンチを切り抜けた。「苦しかった。監督はいいところでタイムをかけてくれるんです」と伊藤。満塁のピンチは3度を数えた。被安打8、四球は7。同監督は3回もマウンドに走った。9回1死一塁では「お前に任せた。バッテリーで決めた球を思い切って投げろ」のゲキ。2死満塁となったが、最後は140キロで三振に仕留めた。

 伊藤は初の3連投だった。埼玉・小川町の自宅から父親の車を借り、30分かけて「マイカー通学」するエース。帽子の裏には「魂」と書き込まれている。前夜、古葉監督から「お前しかいない」といわれ、期待に応えて力投した。「いっぱいいっぱいでした」。3日間で計348球。打線では今井が期待に応えた。2回戦までの7番から1番に抜てきされ3安打。1回にいきなり中前打して出塁し、この試合唯一のホームを踏んだ。「監督にはゴロを打てといわれて。(1番は)チャンスだと思って打席に入りました」。プロ出身監督の打つ手がピシャリはまっての1点差勝ちといえた。

 慶大とは3月29日に練習試合を行い、4-1で勝っている。「次は神宮で会いたいね」。試合後に江藤監督と交わした言葉が、11日に実現する。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。