FC2ブログ

東洋大・藤岡 大会最多19K

 昨年大会MVPの東洋大(東都)藤岡貴裕投手(4年=桐生一)が、1試合個人大会最多タイの19三振を奪って初戦を突破した。3連打や味方の失策で4回までに2失点したが、5回以降の被安打はわずか1。最後の打者を143キロで空振り三振に仕留め、福岡大(九州6大学)を下した。

 曇りがちだった藤岡の表情が、福岡大・副島の空振りで晴れ晴れした。143キロ外角高めの直球で、公式戦自己最多となる19個目の三振。1試合の最多奪三振大会記録に並び「少し気になってはいました。自信になります」と、ホッとしたように目尻を下げた。

 連覇への初戦。満を持して上がったマウンドは、いつもと違った。4者連続Kで迎えた3回2死が悪夢の始まり。直球が二塁手の頭上を越えるテキサス安打になると、後続2人も続いて先制点を献上した。「そこまで悪い球じゃなかった」が、力んだ。4回にはスクイズを2度外すも、失策でさらに1点を失った。

 「東京ドームやだな…」。心の奥に苦手意識があった。慣れ親しんだ神宮とは気圧が違う。しかし、ここで終わらないのが藤岡だ。「神宮よりマウンドが高い。しっかり振り下ろせば大きく曲がるはず」。決め球にスライダーを多投し、19個中9個の三振を稼いだ。

 それだけじゃない。「三振を狙った」ことにも進化が表れている。昨年の大学選手権は3試合合計で16K。「ドームの照明はフライが見にくい。失策を防ぐためにも、三振がいい」と、4回の失点後は3者連続空振り三振。最速153キロの直球は147キロどまりだったが、何度も汗をぬぐう力投で圧倒した。

 今秋ドラフトの「ビッグ3」と称される東海大・菅野、明大・野村の中で、今大会に出場できたのは藤岡だけだ。前年MVPとして、初戦で負けるわけにはいかなかった。苦しんだが「2人の分まで盛り上げたい」と宣言通りのパフォーマンスを実演。5人で視察したロッテなど、日米15球団のスカウトを魅了した。

 ちなみにこの日は、高橋監督の63度目の誕生日。すでに部員全員で「お祝いバット」をプレゼント済みだが「勝って祝えて本当に良かったです」。うれしそうにウイニングボールを握る監督を見た。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示