FC2ブログ

東洋大・藤岡 大会最多タイ19奪三振 日米15球団が視察

 東京ドームと神宮球場で1回戦2試合と2回戦5試合が行われた。東洋大は今秋ドラフトの目玉、藤岡貴裕投手(4年)が、福岡大相手に大会最多記録に並ぶ19奪三振の快投。既に1位指名の方針を固めているロッテの球団幹部の前で圧倒的な実力を披露し、連覇へ向けてスタートを切った。また、近大工学部の久保田高弘投手(3年)が、名桜大戦で大会史上6人目の無安打無得点試合を達成した。

 今大会の主役である藤岡が鮮やかな奪三振ショーで幕開けだ。これまでの自己最多だった15を上回る19奪三振。「そこまで取れると思っていなかったので意識はなかった。タイ記録に並べたのは自信になった」。東海大・菅野、明大・野村の「ビッグ3」のうちの2人が欠けた大会で、いきなり輝きを放った。

 序盤は力みからボールが浮き、3回は2死からいずれも詰まらせながら3連打を浴びて先制点を与えた。4回にも味方のミスから失点。それでも左腕から繰り出す最速147キロの直球とスライダーを軸に5回まで15のアウトのうち、4者連続2度を含む13個を三振で奪い、観衆の度肝を抜いた。

 「きょうはスライダーが一番良かった。(神宮に比べて)東京ドームはマウンドが高い分、腕を振り下ろせば曲がる」。スライダーで奪った三振が9個。マウンドの傾斜を利用し、鋭角に落ちる決め球はいつも以上に威力を増した。福岡大の打者はことごとくボールゾーンの球に手を出した。

 ネット裏には日米15球団が視察に訪れ、今秋ドラフトで藤岡を1位指名する方針を固めたロッテは5人態勢でチェック。石川晃球団運営本部長は「一つ一つの球が一級品。最終決定じゃないけど、1位指名の方針は固まっている」とあらためて能力の高さを認め、近日中にも1位指名を正式に表明する見込みだ。

 この日は、高橋昭雄監督の63歳の誕生日。逆転勝ちでの辛勝に「勝ててホッとしてる。優勝を目指します」と勝利をプレゼントできたことを喜んだ。前回大会のMVP左腕が、頂点を目指して力強く第一歩を踏み出した。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 千葉ロッテドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示