FC2ブログ

虎関係者 ダル級右腕相本芳マーク

 7日に開幕する第60回全日本大学野球選手権記念大会(神宮、東京ドーム)の開会式が6日、都内の日本青年館で行われた。東洋大(東都)・藤岡貴裕投手(4年)、慶大(東京六大学)・伊藤隼太外野手(4年)ら今秋ドラフト候補が出場する中、阪神が徳山大(中国地区大学)の147キロ右腕、相本芳洋投手(4年)をリストアップしていることがわかった。1回戦の対奈良産大(近畿学生)から熱視線を送る。

 身長182センチの相本芳は、長い右腕を生かしたスリークオーターから投げ込む直球が魅力。今春リーグ戦で8試合に登板し、すべて完投のタフネスぶりだ。7勝1敗、防御率0・50でチームを優勝に導き、最高殊勲選手とベストナインを獲得した。

 7日に初戦を迎える全日本大学野球選手権大会では、全国レベルで腕を試す。すでに09年秋の明治神宮大会に、2年生で全国デビュー。その年は1回戦の関西国際大戦で途中登板し4回無失点。143キロをマークした。最上級生になった今年は、さらにパワーアップしている。

 阪神関係者は「ダルビッシュ(日本ハム)のような力強い球を投げ込む。リーグ戦を重ねるごとに調子も上がっているようだし、選手権で見るのが楽しみ」と、活躍を追う予定だ。

 今秋のドラフトへ向けては、左腕の東洋大・藤岡ら即戦力の大学生らを候補に戦略を模索している。一方で、将来的にローテーションを守れる右腕の育成も必須課題。今大会での活躍次第では、相本芳も上位候補に挙げられる可能性がある。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示