スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天理・西口が公式戦初の9回完投勝利

 雨で順延となっていた1回戦残り3試合が行われた。19年ぶりに春の和歌山県大会を制した箕島は大商大堺(大阪)に一時は9点差をつけられたが、中盤以降に猛反撃。惜しくも1点及ばず、12―13で敗れた。また、天理(奈良)、立命館宇治(京都)が勝って、準決勝に駒を進めた。5日の準決勝は、明石商(兵庫)―天理、大商大堺―立命館宇治のカードで行われる。
 天理のエース右腕・西口輔(たすく=3年)が5安打1失点で完投勝利。今春センバツまでは直球とスライダーに頼っていたが「フォーク、チェンジアップ、カーブをどんどん使っていこうと。緩急をついていくことができた」とモデルチェンジに成功。公式戦での9回完投は自身初だ。「完投はしたい。打者のレベルとかを考えてペース配分するようになった」と“大人の投球”を覚え、貫禄をみせた。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。