FC2ブログ

慶大・伊藤 無安打も虎本部長が熱視線

 早慶1回戦を行い、首位の慶大が6‐1で早大に先勝し、2季ぶり33度目の優勝に王手をかけた。慶大のプロ注目スラッガー、伊藤隼太外野手(4年・中京大中京)は4打数無安打に終わったが、29日の2回戦で優勝&戦後13人目の3冠王を目指す。

 リーグ戦のクライマックス、早慶戦。ただでさえ重圧、緊張が高まる大一番に、優勝と3冠王がかかっているとあって、さしもの伊藤も平常心ではいられなかった。

 4打数無安打、2三振。三回無死満塁の絶好機では一ゴロに倒れ、思わず天を仰いだ。4試合ぶりの無安打に「いつもと何かが違った」と首をかしげ「打ち気にはやってしまった。あすまでに修正したい」と気持ちを切り替えた。

 大学球界を代表する強打者で、今ドラフトでも目玉候補の一人だ。雨の中、視察に訪れた阪神の沼沢本部長は「きょうは調子がいまひとつだったね。それでも打席でオーラが出ているし、雰囲気を持っている」。大型野手は補強ポイントの一つだけに、今後もマークを続ける。

 4本塁打、15打点は依然リーグトップ。だが、打率は・410で2位に転落した。打率・418で首位打者の那賀(立大)を抜くには、2回戦で4打数2安打以上が条件となる。「自分が打てなくても勝てればいい。チームが苦しい時に打ちたい」‐。フォア・ザ・チームを体現する主将が、優勝&3冠王の快挙へ向けて力を振り絞る。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示