FC2ブログ

慶大・伊藤、3冠&Vで“由伸超え”狙う

 東京六大学野球春季リーグ戦は、28日から最終週の早慶戦が行われる。勝ち点を挙げれば2季ぶり33度目の優勝が決まる慶大は27日、横浜市内のグラウンドで最終調整。今秋のドラフト1位候補・伊藤隼太外野手(4年)が3冠王とリーグVで“由伸超え”を狙う。

 伊藤はここまで、11試合で打率4割5分7厘、4本塁打、15打点でリーグ3冠王。戦後13人目、慶大では96年春の高橋由伸(現巨人)以来となる偉業には「今までどおりに打って優勝できれば、取れているはず」と自然体だ。優勝と同時達成となれば、96年春がシーズン5位に終わった偉大な先輩を上回ることになる。

 本塁打、打点の2冠は確実。打率は8打数2安打、10打数3安打、12打数4安打以上なら2位の立大・那賀(4割1分8厘)を上回る。なお、慶大が連敗すれば立大の優勝、1勝2敗だと慶立での優勝決定戦となる。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示