スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラ1候補慶大伊藤が優勝&3冠に挑む

 今秋ドラフト1位候補の慶大・伊藤隼太外野手(4年=中京大中京)が偉業に挑戦する。主将として率いるチームは勝ち点4の首位で、今日28日からの東京6大学春季リーグ戦最終週で早大から勝ち点を挙げれば2季ぶり33度目の優勝だ。慶大の春連覇は64年ぶりで、勝ち点5の完全優勝は92年秋以来37季ぶりとなる。

 個人では史上13人目(記録が残る戦後のみ)の3冠王がかかる。現在打率4割5分7厘、15打点、4本塁打と全て1位に立っている。27日は横浜市の慶大グラウンドで打撃練習の後に室内で瞑想(めいそう)し、決戦に備えた。慶大では高橋由伸(巨人)以来6人目となるが「優勝して3冠王がベストですが、どっちを選ぶと言えば優勝です」と謙虚だった。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。