スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村鯉 競合覚悟ドラ1明大・野村に決めた

 広島は25日、広島市内の球団事務所でスカウト会議を行い、明大の野村祐輔投手(21)を今秋ドラフトで1位指名することを決めた。地元・広陵高出身で07年夏の甲子園では準優勝。最速149キロの直球と多彩な変化球が武器で、複数球団が即戦力の評価をしている。野村謙二郎監督(44)もほれ込む地元出身の逸材を競合覚悟で獲得に向かう。

 2時間の会議を終え、広島の苑田スカウト部長は晴れやかな表情で明言した。「1位は野村でいきます!」。今秋ドラフトの1位指名を明大の右腕に決めた。

 もちろん、指名競合の場合は抽選となる。だが早々と“本命”を表明したのは誠意を示して他球団をけん制、そして、あわよくば一本釣りまで狙う思惑がある。何より地元が生んだ逸材。絶対に逃さない考えだ。

 菅野(東海大)、藤岡(東洋大)と並ぶ今年の目玉と呼ばれる“ビッグ3”の1人。1月のスカウト会議では3人の甲乙はつけがたかったが、この日の会議で今春リーグ戦の投球ビデオを見て、一気に野村で固まった。

 明大‐慶大の一戦では大学No.1野手の呼び声高い慶大の伊藤を完全に抑え切った。苑田部長は「伊藤が全くタイミングが合わなかった。投手としての資質をすべて持っている」と絶賛。球団首脳は「配球から頭の良さを感じる。それを可能にする制球力もある。マエケン(前田健)に近く、マエケンより球種が豊富」と高く評価した。

 野村監督もほれ込んでいる。09年11月22日、U‐26NPB選抜VS大学日本代表(東京ドーム)ではNPB側のコーチとして参加。そこで同姓右腕の投球を間近で見て以来、気に掛けていた。「ゲームメークできる、いい投手」と、この日も完成度の高さを称賛した。

 野村は広陵高でエースとして07年夏の甲子園で準優勝。決勝の佐賀北戦では、物議を醸したボール判定に泣き、最後は逆転満塁本塁打を浴びた。悲劇のヒーローとなった姿はまだ記憶に新しい。

 明大進学後は1年生から活躍し、1年秋には防御率0・00で早大・斎藤佑(現日本ハム)を抑え最優秀防御率を獲得。4年の今春リーグでは史上14人目の300奪三振を達成するなど、通算24勝を挙げている。

 「ローテに入れば10勝以上する」と球団首脳。前田健、今村、福井と若い投手の台頭著しいカープ。超即戦力右腕の獲得実現なら、投手黄金時代が到来する。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。