スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤が野村撃ちプロ注目対決

 首位に立つ慶大が明大の3連投エース野村祐輔投手(4年=広陵)を攻略して大勝し、1勝1敗1分けとした。1回、プロ注目の伊藤隼太外野手(4年=中京大中京)が二塁打を放つなど2点。3回にも無死から1点を奪い、わずか39球でKOした。リリーフ陣も攻め、この回6点を加えて勝負を決めた。法大は三上朋也投手(4年=県岐阜商)が初完封して、2つ目の勝ち点を挙げた。

 伊藤は迷わずにバットを振り抜いた。3連投の野村が投じた4球目、143キロ速球だった。1回、1点を先制してなお1死二塁。その打球は右翼手の頭上を越え、2点目の走者を迎え入れた。「初回から攻めていけば、ウチのペースでやれる。その通りできた」という強烈パンチだった。

 対野村は2回戦まで5打席無安打。1四球、2三振で外野にも飛ばなかった。前日、チェンジアップに三振したときはバットを地面にたたきつけた。そんな思いをこの日は切り替えていた。「(野村を)意識しすぎたかな、というのがあった。それでシンプルにやることをやりました。打てると思った球を振って行こうと」と振り返った。

 もともと第1打席には強い。これで7打数6安打10打点だ。「昨日、ああいう終わり方(9回2死から同点に)したんで流れはウチにある」の思いも、野村攻略に拍車をかけた。

 野村降板後も三塁打して2安打2打点。再び3冠王に返り咲いた。5回の攻撃後に退いたが、伊藤は「休養です。大丈夫です」。目指す完全優勝に向けて負けられない戦いは続く。「明日勝たないと今日の勝ちは意味がないですから」。4回戦も、初回から仕掛けるつもりだ。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。