スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明大野村23勝星野仙一に並ぶ

 今秋ドラフト1位候補の対決は明大・野村祐輔投手(4年=広陵)に軍配が上がった。野村は慶大の4番伊藤隼太外野手(4年=中京大中京)を3打数無安打1三振に抑え、3安打7三振で2試合連続完封。今季4勝1敗で通算23勝(9敗)となり、大先輩である楽天星野仙一監督(64)に並んだ。法大は1回に8点を奪い11-1と早大に大勝した。

 試合を締める119球目、野村は直球を伊藤のふところ目がけた。自己最速タイの149キロ。「最後は力勝負した。打たれると明日に影響する」と、学生NO・1打者にショックを与える投球を意識した。バットは真っ二つに折れ、力ない打球が野村の足元に転がった。難なく処理すると、涼しげに整列へ向かった。

 バッテリーで伊藤封じにかかった。「打者を観察しながら粘り強くやってくれた」と善波達也監督(48)が語ったように、野村と捕手の川辺は細心の注意を払った。集約されたのは1打席目。カウント3ボール1ストライクから歩かせたが、全球種を投じて様子を見た。伊藤が振ったのは2球目のチェンジアップ。打席で投手寄りに立っていることも分かった。2人は「変化球を狙っている」と察知し、2打席目は直球3つで二ゴロ。3打席目は直球と変化球を交え「魔球です(笑い)」(野村)という137キロのチェンジアップで三振を奪った。

 1打席目に3本塁打している伊藤の解析も十分だった。今季の打席をDVDでチェック。「本塁打はすべて内寄りの甘い球。ボールでもいい」(川辺)という内角ギリギリの要求に応える。ひとつ間違えれば1発の危険を秘めた中、精密機械のようにコントロールした。

 同じ岡山・倉敷市出身の「燃える男」楽天星野監督に並ぶ、通算23勝目。23という数字は野村が1年時につけた背番号だ。善波監督は「御大(故島岡吉郎監督)が期待する若手につけていた番号なんです。それをまねて」と説明する。期待に違わず、今はエースナンバー11。通算280奪三振で、今季中の大台300到達も見えた。連勝なら優勝だった相手の勢いを止め、逆転優勝への手はずも整えた。それでも「2つ勝たないと勝ったうちに入らない」とクールな表情だった。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。