FC2ブログ

明大、V残った!野村が完封

 東京六大学野球リーグ第6週第1日(14日、神宮)1回戦2試合を行い、明大が首位の慶大を6-0で下して先勝。2009年以来3季ぶりのリーグ優勝へ望みをつないだ。今秋のドラフト1位候補右腕、野村祐輔投手(4年)が3安打完封で今季4勝目(1敗)を挙げた。法大は一回に一挙8点を奪い、早大に11-1で圧勝。三上朋(4年)が初完投勝利をマークした。


 野村の119球目は、この日最速タイの149キロをマークした。4番伊藤のバットをへし折り、投ゴロに仕留めて試合終了。3安打完封勝利に、エース右腕は控えめに右拳を握った。

 「どうしても勝ちたかった。相手の打撃をさせない、自分の投球ができた」

 切れのある直球を軸に、カットボール、スライダーなど変化球もさえた。試合前まで4本塁打、打率・522をマークしていたリーグを代表する好打者の伊藤を3打数無安打。ネット裏で視察した広島・苑田スカウト部長は「球威も制球力もある。カットボールとチェンジアップはプロでも十分通用する」と目を細めた。

 敗れると慶大のリーグ優勝に王手がかかる一戦だった。今カードと法大戦(21、22日)を残す明大にとって、逆転優勝へ向けての貴重な1勝。副将を務める4年生は「エースとして勝てる投手になれるようにやってきた。残り試合は全部投げるつもりで準備する」とフル回転を誓った。
(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示