スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海学園札幌・尾山熱投!8球団スカウトが高評価…春季全道札幌地区予選

 5地区で24試合が行われた。札幌では北海学園札幌のドラフト候補右腕・尾山将悟(3年)が今季公式戦初登板し、7回を3安打2失点。ネット裏に集結したプロ8球団スカウトの高評価を集めた。センバツ甲子園8強の北海は初めてベンチ入りした西村拓真投手(2年)が7回を無失点救援。連覇を狙う春の全道へ新戦力が加わった。また稚内大谷の広川直紀投手(3年)が8回、大麻の小倉晃太投手(2年)が5回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

 「全然ダメ」。尾山は開口一番、そう言って首を振った。7回105球を投げ、3安打4四球の2失点。「カウントを悪くして自分の首を絞めた」と自らを戒めた。実はこの日は病み上がり。4月29日に39度の発熱でインフルエンザが判明。大型連休に予定した登板を回避し4日に復帰したばかり。突貫で臨んだ試合だった。

 スタートは上々だった。テンポ良く投げ、初回先頭打者から4者連続三振。MAX140キロを記録した伸びのある直球で、4つのうち3つが空振り。「この試合はとらないと、と気合が入っていた」と珍しくマウンド上でほえてみせた。しかし先頭に出塁を許した4、5回は投球間隔が「10秒に1球が15秒に1球になっていた」と佐藤元幸監督(39)。リズムを崩して5回に2失点。途中からカーブ中心に変えて、何とか7回を投げきった。

 185センチの大型右腕視察のため、ネット裏にはプロ8球団のスカウトが集結。巨人・大森剛スカウトは「今年の道内の高校生では一番いい」と評価。また「肘が柔らかいし、軸がぶれない」(ロッテ・井辺康二スカウト)、「腕のしなやかさは教えられない」(オリックス・中川隆治スカウト)と、素材の良さを絶賛する声が相次いだ。

 オフには「修羅場での一球を投げきるために」(佐藤監督)、約1万球の投げ込みを敢行。連日約10キロの走り込みも行った。受ける永友達大捕手(3年)も「ボールに重さが出てきた。ズシッていう感じはある」と話す。

 帽子の裏に「最強右腕」と書き込んだ尾山。その称号を確かなものとするために、まだまだ進化を続ける。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。