FC2ブログ

虎沼沢本部長 今季初東洋大・藤岡チェック

 東洋大が5‐2で中大に逆転勝ちし、先勝した。今秋ドラフトの目玉の東洋大・藤岡貴裕投手(4年・桐生第一)は阪神など日米11球団が見守る中、12三振を奪い2失点完投。現役最多タイの通算19勝目を挙げた。

 藤岡が卓越した修正能力を発揮した。初回、上体が突っ込み、思うように制球が定まらない。先頭にストレートの四球を与え、2死二塁から左前適時打で先制を許した。だが、二回以降は軸足にためをつくるフォームに修正し、本来の制球力と球威を取り戻した。自己最速にあと1キロと迫る151キロの速球と切れのあるスライダーで12三振を奪った。

 「立ち上がりは野手にプレッシャーをかけてしまった。先制点にとどめておくことだけを考えて投げました」。九回にソロ本塁打を浴びたが、最後まで1人で投げ抜き2失点完投。通算19勝目は亜大・東浜と並んで現役最多タイだ。

 ネット裏では日米11球団が熱視線を送った。阪神は3人態勢で視察。今季初めて大学No.1左腕を生チェックした沼沢球団本部長は「去年の秋に見たときよりも良くなっている。真っすぐのスピードが上がった」と成長ぶりに目を細め「1位候補の1人です」と明言した。

 今季、藤岡は全試合に登板し、チームの開幕5連勝に貢献。6日の2回戦も先発予定で「しっかり投げられるように準備したい」と気を引き締めた。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示