FC2ブログ

慶大・伊藤、自己最多4号V弾!

 慶大は、今秋のドラフト1位候補・伊藤隼太右翼手(4年)が初回に2試合連続の決勝弾となる今季4号3ランを放ち、東大に先勝。立大はエース左腕・小室正人(3年)が早大打線を5安打に封じ、三塁を踏ませずにリーグ戦初完封をマークした。
 一撃で仕留めた。初回1死二、三塁。伊藤は1ボールからの直球を右翼席に叩き込んだ。「初球は変化球が外れたので、ストレート系に合わせてました」と自己最多の4号となる先制3ランを誇らしげに振り返った。

 先制パンチの男だ。今季6試合目で、第1打席の成績は5打数4安打(1四球)の打率8割。うち3本が本塁打で、4安打はいずれも決勝打。実に9打点を荒稼ぎしている。「その後もピッチャーと対戦する上で、印象に残る打席にできるように大切にしています」と秘けつを明かした。

 今季の目標に掲げていた4本塁打を早くもクリアし、通算本塁打を07年秋の早大・田中幸長(現トヨタ自動車)以来となる2ケタに乗せた。「特に意識はしてないです。ホームランボールも監督に渡そうかな」。前日(29日)が69歳の誕生日だった江藤省三監督に、節目の記念球も惜しみなくプレゼントする。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示