FC2ブログ

伊藤また1発「第1打席の男」

 慶大が1回に4点を先制、東大を押し切った。1回1死二、三塁、4番で主将の伊藤隼太外野手(4年=中京大中京)が右中間へ2試合連続となる先制3ラン。8回には5番伊場竜太捕手(4年=慶応)が左翼に今季1号ソロを放ち、ダメを押した。伊藤は今季6試合目にしてシーズン自己最多の4本塁打。07年秋の田中幸長(早大、現トヨタ)以来となる通算10号に達した。立大は左腕の小室正人投手(3年=日野)が早大を5安打に抑え、3-0で快勝した。小室はリーグ戦初完封勝利。

 絶好調の伊藤が、一振りで決めた。1回1死二、三塁。1ボール後の直球を「一撃必殺」で右中間スタンド中段へ軽々放り込んだ。「打った瞬間に行くと思いました」。これで今季の第1打席は6戦5打数4安打9打点、3本塁打(1四球)。全10安打12打点4本塁打の多くが集約される。脅威の「第1打席の男」だ。

 なぜ最初の打席に強いのか。伊藤は「相手投手にどういう印象を与えるかを大切にしている」と、警戒心や恐怖心を抱かせるスイングや打撃を心掛ける。加えて、チャンスでの並外れた集中力。「チャンスで回ると気持ちが入る」と話す。後を打つ伊場は「打撃練習では飛ばないんですよ。勝負強いというか、頼れるというか…よく分からないですね」と、同期のスラッガーに驚嘆する。

 なぜ飛ばせるのか。昨オフ、体重を意識的に増やした。「パワーアップを目的に、スピードも落とさずに」と一時的に88キロにし、そこから筋肉をつけながら絞った。昨秋の早慶優勝決定戦時の反省があった。体調不良から体重が80キロを割った。早大・斎藤(日本ハム)から中越えの三塁打を放ったが「(体重が)80キロあれば入っていた」と分析。現在体重はシーズン当初の84キロをキープ、ベストの状態で臨んでいる。

 前日29日、指揮を執る江藤省三監督が69回目の誕生日を迎えた。全体練習後、グラウンドでバースデーケーキにろうそくを立て、祝ったという。伊藤は「(監督に)1勝をプレゼントしたかった」。いつも以上の気合で、第1打席に向かっていた。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示