スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西ドラフトの星は“和製ランディ・ジョンソン” 近大の中後投手

 左腕のサイドスローという変則的な投法から、150キロを超える速球を投げる。高校、大学、社会人を含め、関西でプロ球団の評価が一番高い投手は、近大の中後悠平(なかうしろ・ゆうへい)だ。セ・リーグのスカウトは「今のままでも、中継ぎなら十分に戦力になる。プロの左打者でもなかなか打てない球を投げる」と評価する。今季はシンカーを覚え、投球の幅を広げ、右打者にも厄介な投手になった。

 182センチという長身だけに腕も長い。その長い腕をしならせて体から遠い位置で球を放す。左打者は背中から球を投げられている感覚だろう。さながら和製ランディ・ジョンソンだ。

 俊介(阪神)、荒木(ヤクルト)とともに2009年春に、関西学生野球リーグで優勝した際は、2年生ながら、ピンチで何度もマウンドに上がりチームを救った。「2年生から、ピンチで投げさせているので、精神的には強い」と榎本保監督は話す。

 3年生までは上手、サイド、下手と、打者の目をくらませるため投げ方を変えていたが、今はそんな小細工はしない。球質が良くなったからだ。オリックスの長村裕之編成部長は「低いリリースポイントから、そのまま低めのストライクゾーンに球が伸びてくる。いい球を投げます」と話す。

 近大神宮高(和歌山)では無名だったが、榎本監督が素質を見抜き育てた。当初は練習が終わると、74キロある体重が65キロまで落ちた。そのため食事をしっかりとらせた。また腰のキレをよくするために、筋肉を大きくするのではなく、腹筋、背筋の細かい筋肉を鍛えることを中心とした、体幹強化のウエートトレーニングを課した。 

 巽、大隣(ともにソフトバンク)を育てた榎本監督。先輩2人と同じように、中後へのアドバイスも極めてシンプルだ。(1)きっちり踏み出した足がついてから腕を振る(2)軸足でプレートをしっかり蹴る-の2点だ。この指導が中後の制球球の良さにつながっている。プロの技巧派ほどではないが、中後が四球で崩れることはまずない。左手を思い切って振っているが、下半身の動きと上半身の動きがマッチしているので、投球動作の中で頭が動かない。これが制球力の良さにつながっている。

 中後は、マウンドでピンチを迎えると、榎本監督のある言葉を頭の中で何度も繰り返す。「やられたらやり返せ」。マウンドで常に闘志をむき出しにしている。
(産経)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。