FC2ブログ

菅野53回0封後、サヨナラ負け

 エース菅野智之投手(4年=東海大相模)に勝負を託した東海大が日体大に敗れる波乱があり、自力優勝の可能性が消滅した。菅野は8回までを5安打12奪三振無失点に抑え、最多連続イニング無失点のリーグ新記録53回を樹立。だが9回に野選と失策が絡み、自責ゼロのままサヨナラ負けした。日体大は勝ち点2で単独首位。残りの3カードを勝ち越せば完全優勝となり、6月の全日本大学選手権の出場権を得る。

 うなだれた。そして込み上げる涙をこらえた。0-0の9回裏。先頭の日体大・高橋巧に右中間二塁打を許した菅野は、次打者の投ゴロを三塁へ。しかし判定はセーフで、無死一、三塁。サヨナラのピンチにこん身の直球を投じるも、挟殺プレーで三塁・坂口が落球し走者は生還した。本塁脇で膝をつき、しゃがみ込んだまま立てなくなった。

 自責点はゼロ。不運な敗戦で、日体大に2連敗した。「まだ信じられません」と言葉を絞り出した。東海大がリーグ戦で勝ち点を落としたのは、06年秋の筑波大戦以来42カードぶり。07年秋就任の横井人輝監督(48)にとっても、菅野にとっても、同じ相手に2度負けるのは初の屈辱だった。

 157キロ右腕にとってはリーグ戦通算3敗目で、連勝記録が18でストップ。だがリーグ史に残る記録もある。4回最後の打者を左飛に打ち取った瞬間、日体大・山内泰幸投手(現広島投手コーチ)が持つリーグ最多連続無失点記録48回2/3を更新。8回まで三塁を踏ませぬ力投で、53回の新記録を打ち立てた。「意識しませんでした。終わってみたら、ああ達成されてたんだなって」。更新の瞬間はグラブをぽんとたたいただけ。個人記録など気にならないほど勝利に集中した。

 負けはしたが、エースとして力投した。前日25日の敗戦で「人任せになっているチームを変えられるのは自分だけ」と奮起。責任を背負い込んだ右腕は、最速151キロ、6安打12奪三振の結果を残した。リーグ通算奪三振は253にのぼる。横井監督も「菅野は責められない」とかばった。

 日体大が残り3カードで勝ち点を取ると、6月の全日本大学選手権に出場できず、目標の「日本一」に挑戦できない。だがまだ可能性はある。「日体大にあきらめない姿勢を教えられた。もう1回強くなれるように、引き締めてやっていきたい」。エースとして副主将として、この悔しさを成長の糧とする。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示