スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

147キロ右腕、東洋大姫路・原12K完投勝利…春季兵庫大会

 春季高校野球兵庫県大会が行われ、プロ注目の東洋大姫路のMAX147キロ右腕、原樹理(3年)がセンバツ8強の加古川北打線から12三振を奪う快投。7安打1失点完投勝ちで準々決勝に進出した。社はエース左腕、阿比留拳(3年)が9回5安打1失点と好投、昨春Vの報徳学園との接戦を制した。センバツ出場の2校はともに2回戦で姿を消した。
 ラストは迷いなく、こん身の直球で空振り三振を奪った。加古川市出身の原は「今日は負けたら帰れないと思っていた」。最速145キロをマークした直球中心の投球で2試合連続となる2ケタ三振を奪い、負けられない地元のライバルを撃破した。

 快投のヒントは3日前に得た。たまたまテレビで目にした阪神・久保の投球フォームから「タメをつくること」のイメージをつかみ、即実践した。器用さに加え、昨秋から体重は約10キロ増の70キロとなり、球速が5キロアップした。巨人・渡辺スカウトは「以前より良くなっている。(08年センバツ4強の)佐藤(翔太=現東洋大)より上」と潜在能力の高さを評した。

 チームはこの3年間、夏の県予選はたった1勝と低迷。今年1月に5年ぶりに復帰した藤田明彦監督(54)は「原は気合が入っていた。今日は勝たないとチームの自信にならなかった」と目を細めた。「強い東洋」復活のカギを握る原は「野手に背中で見せる投球をしたい」と頼もしかった。

 ◆原樹理(はら・じゅり)1993年7月19日、兵庫・加古川市生まれ。17歳。小学1年から軟式のTAKASHOで投手として野球を始め、加古川中部中でも投手。高校では1年夏からベンチ入り、2年夏から背番号1。179センチ、70キロ。右投右打。家族は両親と兄2人。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。