スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村149キロ無四球完投/東京6大学

 明大がプロ注目右腕・野村祐輔投手(4年=広陵)の無四球完投で早大に先勝した。高校の後輩である有原航平投手(1年=広陵)との初対決は、初回に1点を先行されたが、被安打6、2失点で9回を投げ抜いた。今季2勝目、通算21勝目を挙げた。

 マウンドを降りたばかりの野村がユニホーム姿のまま、神宮球場の正面玄関に走った。震災義援金の募金活動に加わった。9回をわずか105球で投げ抜いた無四球完投。「(早大打線が)ドンドン打ってきてくれた。相手の打者を見ながら投げました」。笑顔で自らの投球を語った。

 早大の先発は広陵の後輩有原だった。3つ違い。一緒にプレーしたことはないが、顔見知りの仲。「自分も1年のときそうだったけど、怖い者知らずで投げてくる。受け身にならず、向かっていきました」。野村も08年の1年春にデビューしていきなり3勝(無敗)を挙げ、優勝に貢献した。3年前を思い出し、最上級生の意地を見せた。

 この日は自己最速の149キロをマーク、終始攻めの投球を貫いた。1回1死一塁から二塁打を浴び先制を許したが、慌てなかった。「(有原より)先にひっこむわけにはいかないですから」。広陵のチームメートで、早大4番に座る土生にも真っ向勝負。4回1死後の対決では、内角速球を2球続けてバット2本を折った揚げ句、一ゴロに仕留めた。「4番なんで、打たれると向こうも乗ってくるんで」と話した。

 これで今季2勝目、通算21勝となった。もっとも前週の立大戦に先勝したあと連敗して、優勝争いにはもう1つも落とせないところにいる。「あとは勝つだけなんで」。プロ注目の現役最多勝投手は登板試合にすべて勝つつもりだ。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。