スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近大・中後が10回187球熱投で逆転勝ち呼ぶ…関西学生

 近大、同大がともにドラフト候補のエースが力投して先勝した。近大のMAX151キロ左腕、中後悠平(4年)は延長10回、187球を投げ切って5安打1失点、12三振を奪い、10回に安達和宏(3年)のスクイズ(記録は内野安打)による逆転勝ちを呼び込んだ。同大のMAX147キロ右腕、平川貴大(4年)は昨季2敗した関学大を9回3安打1失点に抑え、自身今季2勝目を挙げた。

 踏ん張りどころだった。同点に追いついてもらった直後の9回のマウンド。2死三塁で、中後は今季から必勝アイテムとして取り入れたマウスピースを「ここはガチで行こうと思って」となぜか吐き出した。左飛に打ち取ると、エースの気合に応えるように延長10回に味方が勝ち越し。その裏を抑えて、187球の熱投を白星につなげた。

 延長戦完投は入学後経験なく「(同点での9回は)サヨナラ負けしかない」という“鬼門”を突破。7与四死球にも榎本保監督(55)からの「弱気になるな」の言葉に応え、ピンチの連続の終盤も内角を突いた。

 この日は9球団が視察。巨人・山下スカウト部長は「どこにもいないタイプ。あの投げ方からスピードが出るんだから打ちにくい」と、上手と横手を使い分ける逸材をチェックした。「アドレナリンが出て球数も感じなかった」と中後。唯一無二のトリッキー左腕はまだ発展途上だ。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。