スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明大・野村、毎回14K完投!日米12球団来た

 東京六大学野球は17日、神宮球場で1回戦1試合が行われ、今秋ドラフト1位候補の明大・野村祐輔投手(4年)が今季公式戦初登板。毎回の14奪三振の力投で1失点完投し、リーグ戦通算20勝を達成した。18日は立大―明大、東大―法大の2回戦2試合が行われる。

 明大・野村がドラフトイヤー初戦で快投を見せた。日米12球団20人のスカウトが集結。その前でMAX149キロの直球とカットボールやスライダーなど多彩な変化球を武器に14個の三振の山を築き「きょうはがむしゃらに向かっていこうと思った。早く勝負ができてムダ球がなかった」と117球完投に満足そうに語った。ジャイアンツの嘉数駿スカウトは「内外角の出し入れができて変化球が素晴らしい」と高評価。明大の投手としては33勝を挙げた秋山登(故人)以来、56年ぶりの通算30勝も視野に入ってきたが「優勝すれば近づいてくる」と3季ぶりの優勝を見据えていた。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。