FC2ブログ

東洋大・藤岡15Kスゴ勝った/東都大学

 今秋ドラフトの目玉左腕、東洋大・藤岡貴裕投手(4年=桐生一)が、開幕カードの亜大戦で4安打15奪三振1失点(自責1)と好発進した。1回に、自己最速を1キロ更新する151キロをマーク。来秋ドラフト候補の東浜巨(なお)投手(3年=沖縄尚学)との投手戦を制し、5-1で先勝した。ドラフトイヤーの公式戦初戦に、国内12球団38人のスカウトが“藤岡詣で”に訪れた。東浜は6回12三振を奪ったが、4失点で降板。駒大は9-7で青学大を下した。

 ドラフトイヤーを迎えた東洋大・藤岡の春は、ド派手な奪三振ショーで幕を開けた。圧巻だったのは2回。内角高めの直球で、亜大の4番青柳に左越えソロをくらった直後だ。「1点はしょうがない。しっかり立て直そうと思いました」。捕手の岡に左手で“ごめん”と謝るポーズを見せると、そこからギアチェンジ。続く5番打者を147キロの直球で見逃し三振に仕留めると、6、7番も空振り三振に切った。

 1回には自己最速を1キロ更新する151キロをマーク。5回2死からは、150キロで見逃し三振を取った。どよめくスタンドをよそに「3つ目のアウトが三振だと、仲間も乗ってくる。狙っていきました」と涼しい顔だ。15奪三振は、リーグ戦初完投だった09年秋の国学院大戦に並ぶ自己最多タイ。9回中、最後の打者が三振の回が6回を占めた。

 目を引く速球と三振の陰に隠れていたが、昨年より格段によくなったのが制球力だ。136球を投げて四死球はなし。「四球は失点につながる。変化球の精度も上げたので、去年以上に良くなってるのを見せたかった」と自信を見せる。

 冬場に100~400メートルの短距離走を繰り返し、股関節のトレーニングを取り入れたことで下半身の安定感が増した。高橋昭雄監督(62)は「まだ球が高いよ。理想とするところにはとても足りないね」と厳しい言葉を並べたが、裏腹に声と表情はうれしそうだった。

 同時にキレもよくなった。このオフ、東洋大で自主トレしていた先輩左腕の乾(日本ハム3位)は「藤岡とキャッチボールするの怖いんですよ。目の前に来ても球の高さが変わらなくて、グンと伸びるんで」と笑っていた。この日も、145キロ前後の直球でも空振りが取れた。また、昨年までほとんど投げなかったフォークも公式戦解禁した。

 3月11日の東日本大震災では、地元の群馬県が被災。埼玉・川越市で寮住まいの藤岡は、食事メニューが減った程度で大きな影響はなかった。だが「募金とか、できることはしています」と地道に支援している。

 チーム開幕カードで、東都現役最多勝利(18勝)の亜大・東浜との投げ合いを制して17勝目。「楽しみでした。プレッシャーがいい方向にいった。今年は自分が貢献して優勝を狙います」。リーグ戦、春秋の全国大会と4冠を狙う藤岡に、死角はない。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示