スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎ドラ1候補の東洋大・藤岡 15奪三振

 東洋大が5‐1で亜大を下し先勝した。阪神などが今秋のドラフト1位候補に挙げる東洋大・藤岡貴裕投手(4年・桐生一)は自己最速の151キロをマーク。15三振を奪い、4安打無四球1失点で完投した。

 圧巻の奪三振ショーだ。大学球界を代表する左腕が、ドラフトイヤー初戦で快投した。藤岡は伸びのあるストレートと切れのある変化球を低めに集め、三振の山を築いた。「去年より良くなっているところを見せたかった。制球が良くなった」。八回1死からの4者連続を含む15奪三振は、自己最多タイ。クールな左腕の表情に、ほのかに充実感がにじんだ。

 初回、先頭の4球目には自己最速を1キロ更新する151キロをマーク。球速においても成長の跡を示した。「球速はこれぐらいがMAX。それよりも145キロぐらいでしっかり投げられるようにしたい」と浮かれた様子はない。二回、先頭に左翼ポール際に同点ソロを浴びたが、マウンドさばきは冷静そのもの。「立て直して最後までいこう」と気持ちを切り替え、最少失点で乗り切った。

 ドラフトの目玉とあって、ネット裏にはスカウトが集結。全12球団38人が金の卵に熱視線を送った。阪神の菊地東日本統括スカウトは「いいピッチャーだね。左ではNo.1でしょう」。中日の正津スカウトは「ボールの質が良くなっている。初戦でこれだけ投げられたら十分」と話した。

 冬場は全体メニューのほかに、自主的に走り込みを行った。1日20キロのランニングを敢行し、下半身強化とスタミナアップに励んだ。今季、目標に掲げるのは公式戦無敗。高いハードルを課すことで、さらなる高みを目指す。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報 中日ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。