FC2ブログ

8回0封東海大・菅野に13球団/首都大学

 今秋ドラフトの超目玉、東海大・菅野智之投手(4年=東海大相模)が、ドラフトイヤー初公式戦で剛速球を封印しながら0封発進した。城西大戦に先発し、8回2安打10奪三振。150キロ台は2球だけだった。ネット裏には、日米13球団23人のスカウトが集結。9季連続優勝を狙うチームは7-0で快勝した。

 新しくエースナンバー「18」を背負い、11年の菅野がベールを脱いだ。8回2死一塁。最後の打者との勝負に選んだのは、150キロ超の剛速球ではなく外角高め140キロの直球だった。空振りで、城西大の8番を3球三振に切った。

 スライド登板とはいえ、6、7回には150キロをマークしたから、球速が「出なかった」(菅野)というわけではない。奪った10三振中6個が、140キロ台の直球だった。「小手先に頼りたくない」とフォークやワンシームを封印。変化球はカーブ、スライダー、カットボールの3つだけに絞った。

 テーマは、力感を抜いた「真っすぐで押す」。きっかけは昨年の全日本大学選手権、明治神宮大会の準優勝だ。以前は1試合で150キロ台後半の速球を連発。だが連投に体力がついていかなかった。ピンチになると変化球でかわそうとし、連打された。「一番自信のある真っすぐで勝負できるようにしないといけない」。悲願の大学日本一のため、130~140キロ台でもキレのある直球を求めた。

 冬場はランニング量やウエートの負荷を増やし、下半身を鍛えた。感覚をつかむため、例年より1カ月以上早い12月上旬から毎日ブルペンに入った。成果は出た。「今日の試合は日本一への第1歩です」と目標は明確だ。菅野効果で、球場の観客数は昨年の1・5倍になったという。充実の最終学年をスタートさせた菅野に、「巨人原監督のおい」という枕ことばは必要ない。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示