スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近大・中後7回無失点でドラフトイヤー初陣飾る…関西学生

 立命大と近大が先勝した。4季ぶりの優勝を狙う近大は今秋ドラフト上位候補のMAX151キロ左腕、中後(なかうしろ)悠平(4年)が今季初登板。スカウト9球団16人が熱視線を送る中で7回2安打無失点の快投を披露し、打線も大量点で援護した。立命大は公式戦初めて4番に座った保母将幹(ほぼ・まさみき=4年)が9回2死二塁から右中間にサヨナラ打を放った。
 中後が一番悔しそうな表情を見せたのは5回だった。2死走者なしから与えたこの日初めての四球。「ヒットよりも反省。コントロール重視だったので」。当初予定の5回を終えても自らあと2回を志願。覇権奪回に燃えるエースが、7回2安打7奪三振の上々の内容で大学通算12勝目を飾った。

 運命のドラフトイヤーの初陣でも緊張はない。「いつもと同じリーグ戦です」と、サイドから繰り出す最速145キロの直球とスライダーを低めに集めて京大を手玉にとった。昨年の夏場に65キロまで落ちた体重は72キロに増量し、課題だった逆球は1球だけ。阪神と対戦した交流試合(3月5日)の4回2失点がワーストというオープン戦からの好調を維持した。

 東海大・菅野ら「BIG3」とはタイプの違う個性派左腕。阪神・畑山スカウトが「先発でもセットアッパーでも使える」と評価するように、異彩を放つ有望株は「どんな相手でも挑戦者のつもりで投げていく」と言い切った。先発全勝でのリーグ制覇がエースの最低限の使命だ。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。