スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“和田2世”中大・入江が初完投勝利…東都大学野球

 2回戦2試合を行い、中大はドラフト候補左腕・入江慶亮(けいすけ、4年)がリーグ戦初完投で、駒大に9―1と雪辱した。7日の第3戦は、初戦で黒星を喫した昨年の甲子園春夏優勝左腕・島袋洋奨(1年=興南)に、リベンジ登板の可能性が出てきた。

 最上級生の意地が左腕を突き動かした。入江の成長が見られたのは5回2死。駒大の9番・増本憲治を3ボールから直球で2ストライクを取り、最後は118キロのスライダーで空振り三振に切った。課題の制球面を克服し、リーグ戦初完投で通算4勝目を挙げた。

 「島袋に開幕投手を譲って、悔しくないと言ったらウソ。先輩として負けられない。次はエースが投げる第1戦で勝ちたい」。ソフトバンクの和田毅投手と同じ島根・浜田高出身。「写真を見てまねた」と球の出どころが分かりにくいフォームの「和田2世」。今冬、中大の先輩・沢村拓一(現巨人)を手本にウエートトレで下半身を強化し、制球力が増した。

 “巨人斬り”が転機となった。最速146キロ左腕は、3月1日の巨人との練習試合に先発。4回1失点に抑えた。「プロ相手でも、きっちりストライクを投げれば打たれない」と自信をつかんだ。

 「島袋にもう一度投げさせたかった」と客席から応援した後輩を思いやった。7日の先発について指揮官は「楽しみにしててよ」と、けむに巻いた。「(島袋には)思い切って投げてほしい。自分は後ろで待機」と入江。左腕リレーで勝ち点を狙う。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。