スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢・釜田、初戦敗退も150キロ甲子園デビュー

 敗れこそしたが、“北陸の速球王”が鮮烈な甲子園デビューを飾った。初回2死。金沢・釜田が投じた3番・柴田への2球目だった。外角直球で空振りを奪うと「150km/h」が場内に表示された。松坂大輔(Rソックス)、由規(ヤクルト)と並ぶ大会5位タイの球速だ。
 5回2死まで走者を許さず。大記録すら予感させたが、「後半、疲れが出た。1点もやれないという気持ちが強すぎた」。5連続を含む11奪三振も、味方の守乱と8安打で4失点。だが、寒空の下、1万3000人の観衆とネット裏のスカウト陣は熱かった。巨人・山下スカウト部長は「腕の振りが速く、素材としては申し分ない」とポテンシャルを絶賛した。

 昨秋以降、「打たれない直球を」とフォーム改良に着手。工藤公康(前西武)を動画サイトで見て参考にした。この試合でも、直球で12の空振りを奪った。「手応えは感じる。夏までに完成度を上げたい」。“勝てる投手”に成長し、今夏、聖地に戻る。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。