FC2ブログ

“北陸の速球王”釜田150キロも夢散

 金沢(石川)は、今大会注目の釜田佳直投手(3年)が150キロをマーク。五回2死まで1人の走者も出さなかったが、突如崩れて、初戦で姿を消した。

 またしても全国舞台の初戦で散った。“北陸の速球王”釜田が昨秋の明治神宮大会に続く1回戦敗退。初回、スコアボードに「150キロ」が表示されると客席がどよめいたが、結局は加古川北打線に計8安打4失点。11奪三振の力投も勝利には届かなかった。

 「前半はいい投球ができた。成長した姿を見せられた」。神宮大会後、冬の間は試行錯誤を重ねてフォーム改造に取り組んだ。今大会直前になって、ようやく「自然に気持ちいい投げ方」という左足を高く上げるスタイルに固まった。それが中盤までの快投につながった。

 五回2死まで1人の走者も許さぬ完全投球。94年春、同校先輩の中野真博以来となる大記録達成すら予感させた。しかし、15人目の打者に左越え打を浴びると、守備の乱れも絡んであっという間に2失点。七、八回もズルズルと失点を重ねた。

 「絶対に点をやれないという思いが強過ぎて空回りした。走者が出てから力んでしまった」。敗因はメンタル面だけではない。冬の間の投げ込み不足も明らかだった。中盤以降も140キロ台は連発したが、シュート回転した球を痛打された。

 初の甲子園は「すごい投げやすかった」が不完全燃焼に終わった。「課題が見つかったことを喜びに変えて、しっかり修正して夏に戻ってきたい」。このままでは終われない。悔しさを糧にさらに大きく成長した釜田が最後の夏、必ず聖地のマウンドに帰ってくる。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示