スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト隠し球に152キロ右腕“教師の卵”大教大・山本翔…阪神

 阪神が今秋ドラフトの隠し玉として、大教大の最速152キロ右腕・山本翔(かける)投手(21)をリストアップしていることが4日、分かった。山本は教員を目指しながら、プロ野球選手になる夢を追っている逸材。入団が実現すれば、球団では初の国立大出身選手となる。異色の快速右腕を、ドラフトまで徹底マークしていく。

 隠し玉は教師の卵だ。大教大のエース・山本は真っ向から投げ下ろす本格右腕で、最速152キロの直球とスライダーが武器。阪神の球団関係者は「真っすぐがいい。春のリーグ戦で、どれぐらい成長するか楽しみ」と獲得リストに挙げていることを明かした。

 奈良・郡山高時代も、プロ入りの打診があったという好素材。大学1年の夏に、顎(がく)関節症になって手術。一時は体重が10キロも減ったが、不屈の精神力で乗り越えた。2年春に近畿学生リーグで優勝し、全日本大学選手権に出場。リーグ戦では通算10勝8敗、防御率1・31、164回2/3で151奪三振の成績を残している。被本塁打はゼロという剛腕だ。

 父親は奈良の有名進学高で生物の教師をしており、山本は教員養成学科で生物化学を専攻している。練習の傍ら研究に励み、小学校から高校までの教員免許を取得する予定だ。週2日のオフには、塾講師のアルバイトで中学の受験生を相手に教えている。「教師には、いつでもなれる。野球エリートとやったことがないので、そういう世界に飛び込んでみたい」と、現時点では指名されればプロ入りする意向だ。

 今秋のドラフトで阪神は、東海大・菅野智之投手、東洋大・藤岡貴裕投手、明大・野村祐輔投手の「BIG3」に加え、近大・中後悠平投手、慶大・伊藤隼太外野手、早大・土生翔平外野手(いずれも21)、広陵高・丸子達也内野手(17)らを上位候補に挙げている。山本の獲得に成功すれば、球団では初の国立大出身選手の誕生となるため、実力との相乗効果で注目を浴びることは確実だ。4月2日の同リーグ開幕戦から、文武両道の右腕のチェックに本腰を入れる。

 ◆山本翔(やまもと・かける)1989年10月19日、京都・相楽郡木津町生まれ。21歳。富雄北小5年からボーイズリーグの「奈良イーグルス」で野球を始める。郡山高から本格的に投手を始めたが、甲子園出場はなし。大教大2年春と3年春にベストナインを受賞。憧れの選手は日本ハムのダルビッシュ。180センチ、75キロ。右投左打。家族は両親と妹。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。