FC2ブログ

東海大・菅野に日ハム・スカウト驚愕「ダルビッシュ級!」

 首都大学リーグ東海大の157キロ右腕・菅野智之(3年)が23日、社会人野球のJR東日本と今年初のオープン戦に登板した。日米8球団のスカウトの見守る中、MAX149キロをマークし1回を2安打無失点1三振。ドラフトイヤーを順調にスタートさせた。今春から背番号を「11」から「18」に変更。伯父である巨人・原辰徳監督(52)の現役時代の背番号「8」が入ったエースナンバーを初披露した。
 菅野が順調な滑り出しを見せた。昨年11月18日の明治神宮大会決勝以来の実戦マウンド。8回から登板すると打者5人に16球。2安打を許すも最速149キロの直球にカーブ、スライダー、カットボールを織り交ぜ無失点で切り抜けた。「戸惑うことなく例年に比べて仕上がりは良い」


 ピンチで見せた進化。8回1死一、三塁。2ボールからスライダーでストライクを取り、最後は内角高めの直球で空振り三振。続く打者は外角のカットボールで遊ゴロに仕留めた。ネット裏の8球団11人のスカウトも、剛腕の早い仕上がりに感嘆した。すでに1位指名を公言している巨人・大森スカウトは「走者を出した時の投球がさすが。内角を直球でつき、外角の変化球でゴロを打たせていた」と絶賛。日本ハム・今成スカウトも「ダルビッシュ級。球に威力があって変化球の制球も良い。ダルになれる資質を持ってるね」と舌を巻いた。

 勝負の年。慣れ親しんだ背番号11に別れを告げた。この日、菅野は野球人生初の背番号18で初登板。横井人輝監督(48)は「うちのエースナンバー」と今春から18に変更する考えを明かした。「1が好き」という菅野。そして「8」は伯父さんが巨人で背負った番号。「18をつけることでチームへの存在感を示したい」

 25日から3月14日まで沖縄キャンプに入る。「フォームはまだまだ。17日間あるので、最低でも2000球は投げてフォームを安定させたい」。日本ハムで背番号18を背負う斎藤佑樹(早大4年)から、学生球界のエースの座を継承すべく、前進を続ける。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 北海道日本ハムドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示