スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎将が要望「大きいのを打てる野手を」

 阪神は18日、芦屋市内のホテルで今季初のスカウト会議を開いた。南球団社長、スカウト陣に加え、真弓監督も出席し、今秋ドラフトに向けて約2時間、話し合った。

 編成部長を兼務する沼沢球団本部長は「投手は三羽ガラス、野手は(東京)6大学の何人か上位リストに入っている。監督から『大きいのを打てる野手』という要望があった」と話し、高校、大学生にかかわらず、未来の大砲にも目を向けていく方針を確認した。

 投手は菅野智之(東海大)、藤岡貴裕(東洋大)、野村祐輔(明大)、野手では土生翔平外野手(早大)、伊藤隼太外野手(慶大)をリストアップ。また大砲候補として、丸子達也内野手(広陵高)、高橋周平内野手(東海大甲府高)らの高校生スラッガーもマークしていく。
(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。