スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清武代表 菅野に異例の年初あいさつ

 今秋のドラフトも豊作といわれた昨年の「斎藤世代」に劣らぬ逸材がそろっている。投手では巨人・原辰徳監督(52)のおい、東海大の菅野智之投手(21)が注目。既に今秋ドラフトでの1位指名を公言している巨人は7日、清武英利球団代表(60)がこの時期としては異例のあいさつに神奈川県平塚市の同大グラウンドを訪れ、最大限の誠意を示した。

 午後4時すぎ。約40分間の訪問を終えた清武代表が山下スカウト部長らと合宿所の玄関を出てくると、無数のフラッシュがたかれた。昨年12月14日のスカウト会議で早々と菅野の1位指名を決定。東海大・横井人輝監督にあいさつを済ませた同代表は「(指名決定が)大きな反響を呼んでいるし(菅野が)逸材でもある。僕が年初のあいさつを兼ねて大学を訪れるのは初めて」と説明した。

 この日はロッテ、日本ハム、楽天を除く国内9球団が年初のあいさつに訪れた。昨年は巨人のドラフト1位・沢村の中大に10球団が訪れたが、9球団は日本ハム・斎藤らがいた早大に並ぶ注目の高さ。球団幹部が大学の練習初日に足を運ぶのは極めて異例で、清武代表は「巨人の意思を伝え、本人と大学にも誠意を示したかった。獲得したい意思は揺るがない」。これには横井監督も「非常に光栄に受け止めています」と感謝した。

 菅野は午後5時から約4時間、ランニングメニューなどの練習で2011年のスタートを切った。終了後には取材に応じ「たくさんの球団が評価をしてくれてうれしい。だんだんそういう選手になりつつあるのかなと思う」とドラフト1位候補としての自覚を見せた。

 長野、沢村に続く巨人の単独指名か、あるいは競合か。157キロ右腕をめぐる狂騒曲が幕を開けた。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。