FC2ブログ

金沢 152キロ右腕 期待かかるセンバツ記録更新

 【2011センバツ注目投手】センバツ出場が濃厚なチームで、最速の直球を投げるのは金沢の釜田佳直投手。今秋の石川県大会・星稜戦で叩き出した152キロが最速で、08年に宇治山田商の平生拓也投手(西濃運輸)がマークしたセンバツ史上最速となる153キロの更新にも期待がかかる。

 完成度ナンバーワンは日大三の吉永健太朗投手。最速147キロの直球に、カーブ、スライダー、シンカーなど多彩な変化球を操り、大崩れしない安定感が売りの右腕だ。神宮大会では3試合すべて完投し、初優勝の立役者となった。

 左腕でも1年時から主戦として活躍している関西の堅田裕太投手、投球術が武器の明徳義塾・尾松義生投手、1メートル67の小柄な体から切れのある球を投げ込む鹿児島実の野田昇吾投手、1年生エースとして活躍する横浜の山内達也投手ら好素材がそろう。

「春は投手力」とも言われるだけに、一冬越えてさらに成長した選手の投手戦に期待ができそうだ。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示