スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神“金本2世”早大・土生をリストアップ

 “金本2世”獲りや! 阪神が今秋のドラフト上位候補として、早大・土生(はぶ)翔平外野手(3年)をリストアップしていることが3日、分かった。広陵高出身で右投げ左打ち。高校の先輩、金本知憲外野手(42)を彷彿とさせるスラッガーに対し、8日の初練習からスカウト陣が密着マークする。

 今年も“恋人”は早大にいた。阪神が上位候補として土生をリストアップしていることが明らかになった。アニキの後輩を1年間、追いかける。

 「アベレージを残せるだけではなく、長打力もある。高校時代もチェックしていたが、大学に進んでさらによくなった。ドラフトでは確実に1位で消える選手。もちろん高い評価をしているし、リストに入っています」

 球団幹部が明かした。

 早大の主砲、土生は右投げ左打ちの外野手。六大学リーグでは通算56試合に出場し、打率・350、3本塁打、24打点。リーグトップの長打率・523を誇っている逸材だ。

 広陵高では1年秋からクリーンアップを任され、2年秋から主将。3年春夏には甲子園出場を果たした(夏準優勝)。高校時代は、あこがれの選手を聞かれ、「金本選手です」と答えていただけではなく、打撃フォームをマネしていたほど心酔している。

 鋭いスイングで広角に打つ。身体能力も抜群で虎の和製大砲候補にはピッタリの存在。先の球団幹部は「チームは今、過渡期にある。ベテランの力は貴重だが、若手の台頭。打撃面で即戦力の野手を求めているのは事実です」。

 8日に予定されている早大の2011年初練習には、岡村猛新監督(55)へのあいさつも兼ねて、菊地東日本統括スカウトらが東伏見のグラウンドを訪問予定。もちろん土生の動きにもチェックがはいる。

 今秋のドラフト候補は、藤岡貴裕(東洋大)、野村祐輔(明大)、菅野智之(東海大)の3投手が“ビッグ3”と呼ばれているが、「打」の金の卵も見逃さない。虎は2011年も、攻めの姿勢を貫く。
(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。